適切なプラークコントロール
bltop2

インプラントは虫歯になりませんが、歯周病(インプラント周囲炎)になります。
そのため、適切なプラークコントロールが必要であり、ブラッシング技術を習得することが必要となります。
定期的に行うメンテナンス(プロフェッショナルケア)では、徹底的にプラークを除去するとともに、随時プラークコントロール(セルフメンテナンス)の質を高めるためのアドバイス・指導を行っていきます。

当院では、認定歯科衛生士がブラッシング指導を行い、患者様の生活習慣などを考慮してプラークコントロールの向上を目指します。

Related Posts