インプラントのデメリット
bltop2

インプラントのデメリットは大きく3つあります。まずは治療費が比較的高額となるということ、次に治療期間が長いということ、そして外科的な手術が必要であるということです。

治療費についてですが、入れ歯やブリッジは保険適用内ですが、インプラントは保険適用外となります。そのため全額自己負担となります。手術前の診察、手術、手術後の診察というように料金を設定している医院もあります。インプラントの場合は治療が終わったあとも定期的に検診を受けるほうが良いとされていますので、こういった治療費も必要となります。

インプラントの治療期間が長くなってしまうのは、埋め込んだチタンと骨が定着するまでに時間がかかるからです。治療する歯の本数によって異なりますが、数ヶ月はかかってきます。場合によっては1年程かかることもありますので、患者さん側の努力も必要となってきます。仮歯を入れている期間においては、食事や手入れには十分気を使わなければなりません。抜けてしまった歯をすぐに元に戻したいと誰もが思いますが、インプラントが完成するまでにはある程度の時間が必要なのです。

最後のインプラントの手術についてですが、ほとんどの場合、日帰りで終わらせることができます。入れ歯やブリッジではここまで大掛かりな治療の必要はないので、自分が今後、自分の歯にどれくらいのレベルを求めるのか、費用や期間も考慮する必要があります。

Related Posts