インプラント 専門医

健康寿命と
インプラント

今後、日本でますます課題になると思われるのは寝たきりになる原因第2位の認知症です。
この認知症についても、歯との関係についていろいろな報告があります。

日本口腔インプラント学会
専門医・指導医

原歯科医院の院長 原 俊浩は、日本で数少ない日本口腔インプラント学会のインプラント専門医および指導医を取得しております。
わが国においては様々なインプラント学会・研究会が多数存在しますが、歯科医学の中心的役割を担う、「日本歯科医学会」がインプラントの分野で承認している学会は、「(社)日本口腔インプラント学会」のみとなります
よく他の歯科医院さんのホームページに「〇〇学会 所属」などが経歴に記載されておりますが、専門医を取得していないということは、経験・知識・技術が浅いという証明になりえます。
と言いますのは、日本口腔インプラント学会専門医の資格認定試験を受験するためには、下記の様々な条件を満たす必要があります。

  • 日本国歯科医師免許を有すること
  • 5年以上継続して日本口腔インプラント学会員であること
  • 研修施設に通算5年以上在籍していること
  • 日本歯科医師会会員であること
  • 専門医教育講座を3回以上受講していること
  • 本学術大会または支部学術大会に8回以上参加していること
  • 指定された研修を終了していること
  • 指導医2名の推薦があること
  • 定められたインプラント治療の経験があること
  • ケースプレゼンテーション試験に合格していること
  • 本学術大会または支部学術大会で2回以上発表していること
  • インプラントに関する論文を発表していること

上記条件を満たして、はじめて受験資格を得られます。
そこで厳しい審査の上、専門医を取得することができます。
専門医となったあと、もっと深い学識と技能を持つ医師に交付されるものが『指導医』の資格で、その際は『専門医兼指導医』として登録されます。
しかし指導医として認定されるためにはさらに厳しい条件を満たさなくてはいけません。
原歯科医院の院長 原 俊浩は、専門医および指導医を取得しております。

インプラント治療を検討する際にこうした『専門医』や『指導医』といった資格の有無は、医師選びの参考になります。
専門医の資格は永久ライセンスではないことが特徴で、継続的かつコンスタントに治療を行っていることもとても重視されており、資格の更新時には症例数やその経過などを厳しくチェックされます。
浅い経験しか持たない医師が簡単に取得できたり、要領の良い医師がマグレで取得できるような資格ではないので、医師の経験値や実績を確認する指標のひとつとなるのではないでしょうか。

[/vc_column_inner]
Lorem ipsum
dolor sit

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minimet dolore magna  veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat.

01.
インプラント治療 について
02.
インプラント治療 Q & A
03.
私たちの インプラント治療
立川市の皆さまへ

原歯科医院は、昭和46年4月に開院以来、移転・拡大・リニューアルを経て、今日まで数多くの患者様にご来院いただいております。
現在では、お口の中の環境を改善することで、介護、認知症にならずに、充実したシニアライフが送れることも分りはじめました。
我々歯科医師の仕事は、健康および健康寿命に関して多大な関わりを持てる重要なものであると認識しております。
不幸にして歯が無くなったら、インプラント治療や入れ歯を入れることにより、咬めるようにする。
しっかり咬むことができれば健康への第一歩です。
まずしっかり咬んで、美味しく食事をいただき、健康で長生きする人生を目指しましょう。
当院では、歯やお口の健康を守ることにより、介護にならずに生活ができる(健康寿命の)期間を延ばすことを目的として、スタッフ一同日々研鑽に努めてまいります。