インプラント 専門医

健康寿命と
インプラント

今後、日本でますます課題になると思われるのは寝たきりになる原因第2位の認知症です。
この認知症についても、歯との関係についていろいろな報告があります。

日本口腔インプラント学会
専門医・指導医

原歯科医院の院長 原 俊浩は、日本で数少ない日本口腔インプラント学会のインプラント専門医および指導医を取得しております。
わが国においては様々なインプラント学会・研究会が多数存在しますが、歯科医学の中心的役割を担う、「日本歯科医学会」がインプラントの分野で承認している学会は、「(社)日本口腔インプラント学会」のみとなります。
よく他の歯科医院さんのホームページに「〇〇学会 所属」などが経歴に記載されておりますが、専門医を取得していないということは、経験・知識・技術が浅いという証明になりえます。
と言いますのは、日本口腔インプラント学会専門医の資格認定試験を受験するためには、下記の様々な条件を満たす必要があります。

  • 日本国歯科医師免許を有すること
  • 5年以上継続して日本口腔インプラント学会員であること
  • 研修施設に通算5年以上在籍していること
  • 日本歯科医師会会員であること
  • 専門医教育講座を3回以上受講していること
  • 本学術大会または支部学術大会に8回以上参加していること
  • 指定された研修を終了していること
  • 指導医2名の推薦があること
  • 定められたインプラント治療の経験があること
  • ケースプレゼンテーション試験に合格していること
  • 本学術大会または支部学術大会で2回以上発表していること
  • インプラントに関する論文を発表していること

上記条件を満たして、はじめて受験資格を得られます。
そこで厳しい審査の上、専門医を取得することができます。
専門医となったあと、もっと深い学識と技能を持つ医師に交付されるものが『指導医』の資格で、その際は『専門医兼指導医』として登録されます。
しかし指導医として認定されるためにはさらに厳しい条件を満たさなくてはいけません。
原歯科医院の院長 原 俊浩は、専門医および指導医を取得しております。

インプラント治療を検討する際にこうした『専門医』や『指導医』といった資格の有無は、医師選びの参考になります。
専門医の資格は永久ライセンスではないことが特徴で、継続的かつコンスタントに治療を行っていることもとても重視されており、資格の更新時には症例数やその経過などを厳しくチェックされます。
浅い経験しか持たない医師が簡単に取得できたり、要領の良い医師がマグレで取得できるような資格ではないので、医師の経験値や実績を確認する指標のひとつとなるのではないでしょうか。

インプラント専門医とは
  • 歯科医師本人がインプラント治療を得意としたり、医院の方針としてインプラント治療を重点的に行っていたりする場合、インプラント治療を「専門に」行っています、という意味で、「インプラントの専門医」と掲げる先生もいらっしゃいます。
  • 権威ある機関において定められた「専門医資格」もあります。経験を重ね、所定の症例数を満たし、他医からの推薦、論文、試験、等を経て審査の結果与えられる資格です。
    歯科インプラントに関しては、国内外に複数の認定団体があります。それぞれ基準は異なりますが、現在最も権威があるのが日本口腔インプラント学会です。現在の会員数は約1万5千人。そのうち日本口腔インプラント学会認定の専門医は992人(平成27年データ)です。
  • 当院院長は、日本口腔インプラント学会の専門医資格を保有し、平成29年には指導医資格を取得しました。日本口腔インプラント学会認定の指導医は184人(平成27年データ)で、会員数の割合はわずか1.3%です。そのため、インプラント治療を学びに他の先生が治療を見学したり、手術に立ち会ったりしています。患者さんへのインプラント手術・治療に関しては院長が直接行っております。ご理解いただけますようどうぞよろしくお願いいたします。
ITI
ITIフェロー

The International Team for Implantology (ITI)は、インプラント歯学の各分野において明確なビジョンを持った12名の専門家によって1980年に設立されました。本部をスイスのバーゼルに置き、設立の目的は、当時において重要と考えられていた未開発の医療分野で、自主的かつ理想的に研究と発展を追及できる専門家同士のネットワークを築くことでした。現在、その会員数は15,000人を超えています。世界中に増え続けるITI セクションを通じて、ITIは先進的で品質が高く、そして効率的なネットワークからもたらされる専門知識とノウハウ交換の場を提供しています。

世界で会員数が15,000人以上いる中、ITIフェローは日本で47人しかおりません。
当院院長はITIフェローのメンバーです。
ITI フェローはインプラント歯学における専門家として、理事会、各委員会やセクションのITI 職務に公式に携わります。リーダーシップ、研究、教育または開発の分野において、少なくとも二つの範囲でレベルの高い活動を展開しています。
フェローシップの任期は4年間で、その終わりに審査が行われます。フェローシップを継続するためには、一定の条件のもとで一つ以上の分野において継続的かつ高いレベルの活動実績の提示が求められています。

世界No1 インプラントメーカー
ストローマン セミナー講師

スイスに拠点のあるインプラントの老舗メーカーで、世界トップシェアを誇るインプラントメーカーです。1974年から臨床応用されている、実績豊富なトップブランド。
原歯科医院の院長 原 俊浩は、そのストローマンジャパンでインプラントの講師を務めております。
各地で開催されているセミナーに講師として参加し、学術レベルの向上や、若手の育成にも積極的に取り組んでいます。

rea2
健康寿命と
インプラント

今後、日本でますます課題になると思われるのは寝たきりになる原因第2位の認知症です。
この認知症についても、歯との関係についていろいろな報告があります。

01.
インプラント治療 について
02.
インプラント治療 Q & A
03.
当院の インプラント治療
立川市の皆さまへ

原歯科医院は、昭和46年4月に開院以来、移転・拡大・リニューアルを経て、今日まで数多くの患者様にご来院いただいております。
現在では、お口の中の環境を改善することで、介護、認知症にならずに、充実したシニアライフが送れることも分りはじめました。
我々歯科医師の仕事は、健康および健康寿命に関して多大な関わりを持てる重要なものであると認識しております。
不幸にして歯が無くなったら、インプラント治療や入れ歯を入れることにより、咬めるようにする。
しっかり咬むことができれば健康への第一歩です。
まずしっかり咬んで、美味しく食事をいただき、健康で長生きする人生を目指しましょう。
当院では、歯やお口の健康を守ることにより、介護にならずに生活ができる(健康寿命の)期間を延ばすことを目的として、スタッフ一同日々研鑽に努めてまいります。