デジタル デンティストリー

健康寿命と
インプラント

今後、日本でますます課題になると思われるのは寝たきりになる原因第2位の認知症です。
この認知症についても、歯との関係についていろいろな報告があります。

新しい歯科治療の世界
口腔内スキャナ 3Shape Trios3

歯科医院で治療をするため歯を削った後に「じゃあ歯型をとりますね」と言う言葉を聞いた時、嫌だな、苦手だなと思う方、けっこう多いのではないでしょうか。

歯型をとったり、歯ブラシをしたり、バキュームを入れられたりした際に気持ち悪くなってしまう反応を、嘔吐反射と言います。これは個人差がとても多く、平気な方は平気ですが、嘔吐反射が強い方はミラーが入っただけでも嘔吐感におそわれてしまいます。原因は生理的な反応が強いことや、過去の歯科治療のトラウマだったり、口呼吸だったりとさまざまなものが挙げられています。
しかし歯型を取ると言うことは歯科の治療において必要不可欠です。歯型をとらなければ歯にかぶせる技工物は作れません。
少しでも楽にできるような私たちは、歯科治療の新時代の幕開けとなる口腔内スキャナを導入しております。

従来の歯医者さんでの型採りは粘土のような柔らかい物を練って口の中で固めていました。
このトリオス3は光学印象といって直接口の中で写真を撮り、3Dデータとして映像化してしまう優れもの。
口腔内に入れている時間も短く、スピーディーに型が取れるようになっています。
また、カメラの性能もよく、色調の再現性も抜群です。
このデータを元にCAD/CAMや3Dプリンターで歯の修復物やインプラント用のガイドの作製ができ矯正治療にも応用できます。
これまでの型撮りが苦手な方は、お気軽にお声をかけてください。

より確実なインプラント治療
ストローマンガイドシステム

ストローマンガイド・システムとは、専用のソフトウェアを用いて、コンピュータ上でインプラント治療を計画した後、手術用のガイドを作製し、ガイドを用いてインプラント手術を行うことです。これにより、計画通りの位置にインプラントを埋入することができ、より安全で正確な治療を行うことができます。

専用のソフトウェアを用いて、あらゆる角度からの3次元画像による説明も可能です。自分の骨の状態、神経・血管の位置と、それらの情報に基づいた治療計画を3次元画像により把握する事で、患者さんの治療内容に対する理解も深めることができます。

■ 予知性の高い設計
ストローマンガイド・システムは、外科的、補綴的にも適切な位置へのインプラント埋入を可能にします。1つの症例に対して歯科医師、歯科技工士といった歯科専門家がチームとして最初から関わることで、審美性や機能性などの面で従来法に比べより予知性の高い結果を得ることが可能になります。

■ 精度の向上
CTデータには、従来の2Dレントゲン写真よりも多くの情報が含まれています。この豊富な情報をもとに製作したインプラントポジションのプランニングとサージカルガイドが、外科手術の信頼感と安心感を高めます。またガイデッドサージェリーによって低侵襲手術が可能となり、患者様の負担の軽減が期待できます。

■ インフォームドコンセント
どのような治療をするのかわからないととても不安ですよね。
模型や写真で説明を受けても不十分と感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
私たちは実際の骨の状況とインプラントを入れる場所など細かな説明をこのソフトでさせていただきます。
少しでも不安を取り除くことも私たちの大切な責務。
安心して治療に臨みましょう。

万全な設備
rea2
健康寿命と
インプラント

今後、日本でますます課題になると思われるのは寝たきりになる原因第2位の認知症です。
この認知症についても、歯との関係についていろいろな報告があります。

01.
インプラント治療 について
02.
インプラント治療 Q & A
03.
当院の インプラント治療
立川市の皆さまへ

原歯科医院は、昭和46年4月に開院以来、移転・拡大・リニューアルを経て、今日まで数多くの患者様にご来院いただいております。
現在では、お口の中の環境を改善することで、介護、認知症にならずに、充実したシニアライフが送れることも分りはじめました。
我々歯科医師の仕事は、健康および健康寿命に関して多大な関わりを持てる重要なものであると認識しております。
不幸にして歯が無くなったら、インプラント治療や入れ歯を入れることにより、咬めるようにする。
しっかり咬むことができれば健康への第一歩です。
まずしっかり咬んで、美味しく食事をいただき、健康で長生きする人生を目指しましょう。
当院では、歯やお口の健康を守ることにより、介護にならずに生活ができる(健康寿命の)期間を延ばすことを目的として、スタッフ一同日々研鑽に努めてまいります。