世界標準の 設備

健康寿命と
インプラント

今後、日本でますます課題になると思われるのは寝たきりになる原因第2位の認知症です。
この認知症についても、歯との関係についていろいろな報告があります。

より精度の高い治療を
技術+設備=確実

最新設備の充実度は、安全で確実なインプラント治療をうけるために重要なポイントとなります。
当院では、より精度の高いインプラント治療を提供するために、歯科用CT・マイクロスコープ・ガイデッドサージェリーなどの最新設備を完備しています。
治療を行うのは医師であり、医師の治療技術や経験も必要ですが、どんなに腕の良い医師であっても、最新設備があることで、より精度や安全性を高めることが可能となります。

万全な設備
歯科用CT 3D・パノラマX線装置

3D・パノラマX線装置 ベラビューエポックス3Dは、三次元的なCT撮影ができます。得られた画像は立体的に表現されるので、通常のレントゲンではよく分からなかった細かな形状が、手に取るように分かるようになりました。この3D・パノラマX線装置を用いることでより正確な顎骨の診断が行えるため、う蝕、歯周病やインプラント治療をより正確に、より安全に行うことができます。また、この3D・パノラマX線装置は、従来のレントゲン撮影装置に比べて放射線の被爆量が少ないため、安全性は格段に向上しています。

ストローマンガイドサージェリー

CTスキャンデータを用いて、3Dシミュレーションソフト上でインプラントの埋め入れ位置を設計いたします。その設計データをもとにインプラント埋め入れガイド「サージカルテンプレート」を作製いたします。このガイドにはあらかじめシミュレーションで算出したインプラントの種類、入れる場所、角度などが正確に記録されております。

超音波機器:ピエゾサージェリー

インプラント治療には欠かせない超音波機器。これにより患者様へのご負担が大幅に軽減でき、又治療の幅も大きく広がります。
今まで骨が不足してあきらめていた方、骨移植など大きな処置に対して低侵襲(ダメージが少ない)処置が可能となりました。
世界的にも新しく、とても安全性の高い機械です。

ライカ マイクロスコープ

歯科用顕微鏡 ライカ M320は、より良い施術を行うために開発されました。この顕微鏡は微細な部分も観察できる高い光学品質と、長期にわたり快適に治療を行えるよう人間工学的なメリットも提供します。フル HD カメラで撮影した動画や静止画を使って患者様へ治療の説明をすることができ、またそのデータを患者様のカルテに転送し、包括的に記録することができます。

クラスB滅菌器

「滅菌の質保証」EN基準(European Standard)に準拠したBサイクル(EN13060)をクリアした滅菌装置。4回にわたるプレバキューム工程により、多孔質の器材や滅菌バックに入った器材などを滅菌する際も、空気たまりを作らず、細部までスチームが行き渡るので、より高いレベルの滅菌の品質保証が可能となりました。滅菌の質が術後の経過に大きく影響すると言われている、インプラント治療などの外科処置には大切な機材です。

AXCEL(アクセル)手術用無影灯

無影灯は医療に用いられる手術用の照明器具で、自然光に近く、複数の光源を用いて高照度で手元に影が出ないようします。また患部に熱を与えないように作られています。当医院ではGETINGE社傘下、医療設備専門メーカーMAQUET社の無影灯「AXCEL(アクセル)」を導入しています。
この「AXCEL(アクセル)」は、切開部表面から体腔の最深部まで均等な光を照射する事が可能です。長時間の手術でも目に負担が掛からず安全に手術を続ける事ができます。

高性能空気清浄装置 エアロシステム35MD

当院では患者の皆様に安心してご来院いただけますよう、手術室を医療施設用の高性能空気清浄装置“エアロシステム35MD”でクリーンな環境にしています。このシステムは非常に信頼性が高く、国公立病院や大学病院でも採用されており、空気中のウィルスや細菌、微粉塵、花粉などをすばやく除去することができます。

生体情報モニター Dental Moneo BP308D

血圧・脈拍・心電図・血中酸素濃度をはじめとするさまざまな生体情報が従来のものよりはるかに快適に、しかも高精度でモニターすることが可能となり、治療中のみなさまの全身状態の変動をより正確かつ迅速に捉えることができるようになります。

rea2
健康寿命と
インプラント

今後、日本でますます課題になると思われるのは寝たきりになる原因第2位の認知症です。
この認知症についても、歯との関係についていろいろな報告があります。

01.
インプラント治療 について
02.
インプラント治療 Q & A
03.
当院の インプラント治療
立川市の皆さまへ

原歯科医院は、昭和46年4月に開院以来、移転・拡大・リニューアルを経て、今日まで数多くの患者様にご来院いただいております。
現在では、お口の中の環境を改善することで、介護、認知症にならずに、充実したシニアライフが送れることも分りはじめました。
我々歯科医師の仕事は、健康および健康寿命に関して多大な関わりを持てる重要なものであると認識しております。
不幸にして歯が無くなったら、インプラント治療や入れ歯を入れることにより、咬めるようにする。
しっかり咬むことができれば健康への第一歩です。
まずしっかり咬んで、美味しく食事をいただき、健康で長生きする人生を目指しましょう。
当院では、歯やお口の健康を守ることにより、介護にならずに生活ができる(健康寿命の)期間を延ばすことを目的として、スタッフ一同日々研鑽に努めてまいります。