銀歯やめません?
blog59

先進国の中で日本はまだ多くの銀歯を治療として使用しております。
他の先進国では、金属を使用する補綴物はどんどん減ってきています。

何故でしょう?
それは銀歯はプラークが付きやすく、2次虫歯になりやすいからです。
結果、何度も治療しなければならなくなり、トータルで考えると高い治療費を払ってしまうことになります。
また金属アレルギーがある方は使用できません。
銀歯など金属の補綴物を長く使用していると、金属がイオン化し、サビて溶け出します。そしてそのサビが体内に入ることによって、様々な体の不調、不定愁訴(頭痛頭重、体のダルさ、抵抗力、免疫力の低下)を生み出してしまうのです。
ですから他の先進国は、こういった要因を元に金属の補綴物は減ってきているのです。
その代わりに増えているのがセラミックです。
セラミックは体への親和性の良い素材です。
衛生的でプラークが付きにくく、色がキレイで、変色は全くありません。
長期にわたって高い審美性を保ってくれます。

Related Posts

お電話はこちら