感染対策
blog12

当院では歯科用ハンドピースを使用毎にオートクレーブで滅菌しています。
歯科医院で口の中に入れる医療器具の半数が交換されないまま別の患者に使用されている実態が、厚労省の調査結果で明らかになっています。
調査結果では、「患者の都度交換している」が約半数の52%、「感染症患者と分かった場合に交換・滅菌」が17%、「状況に応じ交換・滅菌」が16%、「消毒薬で拭く」が14%でした。
これでも改善されたという見方がなされているのです。
同省が5年前調査した際は7割が交換せずに使い回ししていたという結果が出ています。

とても怖い調査結果ですね。
交換・滅菌を怠たっている歯科医院では、B型肝炎やHIVなどに感染する危険性がとても高いのです。
当院に通院されている患者さんはこのリスクから逃れることができますが、約5割の歯科医院では感染のリスクがあるということです。

結局のところ、歯科医師が患者さんのことをどのように考えているか、医業に対してどう向き合っているかという資質に関わることだと思います。
私たちは義務化されていないからいいなどという考え方ではなく、いかなるリスクも排除し、最善の治療を患者さん一人ひとりに提供していきたいと考えております。

Related Posts

お電話はこちら