インプラント治療ができない人
blog14-1

心筋梗塞、脳梗塞、脳卒中を起こしてから6ヶ月以内は基本的にインプラント治療は禁忌となります。

ガンの治療で放射線治療を行っている人も、基本的にインプラント治療ができません。特に顎骨に放射線を受けている場合には外科処置は禁忌です。歯科麻酔により骨髄炎を起こす可能性があるため、麻酔を行うことも禁忌とされています。

他にも血友病などの血液疾患は外科処置が禁忌ですし、普段ケガをした時に血が止まりにくいという自覚がある人は必ず歯科医師に伝えましょう。

また、疾患ではありませんが、以下のような人も治療をおすすめすることはできません。

〇あごの骨の成長が終わっていない概ね16才以下の方
〇歯磨きなどの日常の手入れが充分にできない方
〇アルコール依存症の方
〇ヘビースモーカーの方
〇医師との協調が得られない、精神的に問題のある方
〇チタンへのアレルギーを持っている方

Related Posts

お電話はこちら