骨補填材のお話
blog12
インプラントのトラブル

骨補填材とは、インプラント治療をする時に土台となる骨が足りない人に使用する材料の事です。
インプラント治療前、治療中にインプラント体を埋入する場所をつくるため、この材料により骨の再生を誘発もしくは促進させ、インプラント治療を成功させるために必要な骨の増殖を行います。
主な材質は大きく分けて、化学成分、人骨、牛骨、自分の血の成分などがあります。それから患者様ご自身の歯の骨を削って使用することもあります。 歯の骨の量が十分でない時は、患者様の他の部分の骨を切り取り使用するという骨移植という方法もあります。

実際の使用においてはそれぞれを適切に混ぜて使用することもありますので、患者様の状態により判断する事になります。
国内には既に日本の法律で承認された補填材や個人輸入するものなど多くの製品が使用されています。

当院院長は海外の学会やシンポジウムに積極的に参加しております。
骨補填材の有用性やデメリットも様々な論文を読み、患者様一人ひとりに合った、適切な治療法で対応しております。

Related Posts

お電話はこちら