デジタル デンティストリー
blog62
より安全で安心なインプラント治療

ガイデッドサージェリーとは、専用のソフトを用いて、コンピュータ上でインプラント治療を計画した後、手術用のガイドを作製し、ガイドを用いてインプラント手術を行うことです。
これにより、計画通りの位置にインプラントを埋入することができ、より安全で正確な治療を行うことができます。

患者さんは自分の骨の状態、神経・血管の位置と、それらの情報に基づいた治療計画を3次元画像により把握する事で、治療内容に対する理解が深まります。
これにより、安心してインプラント治療が受けられるのではないでしょうか。

CTのデータをもとに、人工歯の形態、およびインプラントの埋入位置・角度・深さなどを決定します。さらに人工歯の形態、使用するインプラントの種類などを計画します。

製作したガイドを口の中に固定し、専用器具を使用してインプラントを埋入します。
これにより、コンピュータ上で計画した通りの位置・角度・深さとなるよう正確なインプラント手術が行えます。
インプラントが理想的な位置に埋入されれば、機能性や審美性に優れた人工歯の作製が可能になります。

口腔内スキャナ

歯医者さんでの歯型が苦手だなと思う方、けっこう多いのではないでしょうか。

歯型をとったり、歯ブラシをしたり、バキュームを入れられたりした際に気持ち悪くなってしまう反応を、嘔吐反射と言います。これは個人差がとても多く、平気な方は平気ですが、嘔吐反射が強い方はミラーが入っただけでも嘔吐感におそわれてしまいます。原因は生理的な反応が強いことや、過去の歯科治療のトラウマだったり、口呼吸だったりとさまざまなものが挙げられています。
しかし歯型を取ると言うことは歯科の治療において必要不可欠です。歯型をとらなければ歯にかぶせる技工物は作れません。
少しでも楽にできるような私たちは、歯科治療の新時代の幕開けとなる口腔内スキャナを導入しております。

Related Posts