型取り 苦手
blog11

歯科医院で治療をするため歯を削った後に「じゃあ歯型をとりますね」と言う言葉を聞いた時、嫌だな、苦手だなと思う方、けっこう多いのではないでしょうか。

歯型をとったり、歯ブラシをしたり、バキュームを入れられたりした際に気持ち悪くなってしまう反応を、嘔吐反射と言います。これは個人差がとても多く、平気な方は平気ですが、嘔吐反射が強い方はミラーが入っただけでも嘔吐感におそわれてしまいます。原因は生理的な反応が強いことや、過去の歯科治療のトラウマだったり、口呼吸だったりとさまざまなものが挙げられています。
しかし歯型を取ると言うことは歯科の治療において必要不可欠です。歯型をとらなければ歯にかぶせる技工物は作れません。
少しでも楽にできるような私たちは、歯科治療の新時代の幕開けとなる口腔内スキャナを導入しております。

従来の歯医者さんでの型採りは粘土のような柔らかい物を練って口の中で固めていました。
このトリオス3は光学印象といって直接口の中で写真を撮り、3Dデータとして映像化してしまう優れもの。
口腔内に入れている時間も短く、スピーディーに型が取れるようになっています。
また、カメラの性能もよく、色調の再現性も抜群です。
このデータを元にCAD/CAMや3Dプリンターで歯の修復物やインプラント用のガイドの作製ができ矯正治療にも応用できます。
これまでの型撮りが苦手な方は、お気軽にお声をかけてください。

Related Posts