インプラントの注意点
blog54

インプラントは細菌感染に弱く、虫歯にこそなりませんが歯周病にかかる場合があるのです。
インプラントの場合、インプラント周囲炎といいます。
対策をきっちり行えれば、インプラントの寿命を延ばす事は可能ということです。

永久の命や、永久に持つ歯がないのと同じように、一生インプラントを使い続けられるかどうかは、生活を共にしない限り誰にもわかりません。
只、あくまで統計的なデータでは、10年前にインプラントをされた方の、インプラント残存率は90%を超えています。

つまり、インプラントのケアを継続して行う事ができれば、何十年でもインプラントは使用できますが、インプラント周囲炎に対しては細心の注意を払う必要があります。

歯が抜けた時はとても悲しいですよね。再びインプラントで新しい歯を手に入れたとしても、その歯を再び失うなんて考えたくありません。
二度とこのような事が起きないように、徹底した予防処置を行いましょう。

Related Posts