セカンドオピニオンとして
blog54
このようなお悩みはありませんか?

歯を抜いてインプラントにした方がいいのか?
インプラント治療計画は本当に正しいのか?
信頼していいの?
骨造成しなければいけないのか?
歯の色が気に入らない。
痛み・しびれがとれない。
歯科用CTがないみたい。

セカンドオピニオンとは、他院で診断・診療を受けている患者様に対し、当院が現在の状態を診査診断し、意見を提供することで、今後の治療の参考にしていただくことを目的としています。
ご自身が納得いってこその医療です。
様々なアドバイスを受けられる環境にあるというのは皆さんの権利なのです。

インプラント治療に関して、気を付けていただきたいことがあります。
それは、診査診断および治療・メンテナンスする歯科医師・スタッフには経験と知識に差があるということです。

インプラントのセカンドオピニオンは、複数のドクターから見解を聞くことが1つの目的となりますが、適切な診査診断、そして適切な治療へ導くことは容易ではなく、すべての歯科医師が対応できるというわけではありません。

つまり、単に複数のドクターの話を聞くことだけを目的とするのではなく、「このドクターは信頼できるのか」「どのような経歴があるのか」「何を専門としているのか」などを受診する側もできる限り把握しておくことが大切ということです。
インプラント治療は安い治療費ではありません。
ご自身がご納得のいく治療結果を求めて当然です。
いつでもご相談ください。

Related Posts