予防歯科について
kblog23
予防歯科とは

予防歯科とは、虫歯や歯周病などにかかる前に予防することです。
歯が無くなってしまう原因はやはり虫歯と歯周病です。
歯が無くなってしまう原因を根絶できればインプラントにもなりません。

これまで日本では悪くなってから治すことが当たり前となっており、健康保険制度でも予防歯科は取り入れられてないので、予防歯科に関する認知度も低いままです。
しかし、歯を守るために本当に必要なことは、虫歯になる前や、歯科治療完了後のメンテナンスを行うことにより、治療ではなく予防することが重要となります。

歯のクリーニング(PMTC)

ご自身で綺麗に歯ブラシができたと思っても、100%磨き残しがあります。
個人差はありますが、普通の歯ブラシで歯磨きするだけでは磨ききれない場所が確実にあります。
たとえば歯と歯の間などは歯ブラシだけでしっかりと磨くことはとても難しいです。
また、歯間ブラシやデンタルフロスといった補助的な道具もありますが、正しい使い方をしないかぎり、効果も半減してしまいます。
PMTCや、歯磨き指導などのプロフェッショナルケアで、一度体験してみてはいかがでしょうか。

PMTCとはプロの歯科衛生士による器械を使った歯の清掃です。
歯科医院で専用の器材を使い、歯みがきでは落としきれなかった汚れを、本来の白い健康な歯の維持をするために通常では困難である部位も含め清掃・研磨する方法です。
お口の中の状況により、1ヶ月に1度、3ヶ月に1度などとPMTCを行うと、むし歯や歯ぐきの炎症によるアゴの骨の吸収(低下)を防ぐ効果が大きく、また口臭の予防にもつながります。
治療の終わった方も定期的にプロフェッショナル・クリーニングを受けることを強くお勧めします。

Related Posts