インプラント治療後のメンテナンス
blog3
インプラントのメンテナンスの重要性

インプラント治療を検討している、またはすでにインプラント治療を受けたという方々に知っておいていただきたいのが、インプラント治療後のメンテナンスの重要性です。
インプラントは治療が済めば終わりというものではありません。
長く快適にインプラントを使い続けるためには、治療後のメンテナンスが大変重要になってくるのです。

インプラントはチタン製のボルトを使っているため、虫歯になるということはありません。しかし人工物であるためインプラントの周りは、プラーク(歯垢)が溜まりやすく、歯周病菌の影響を受けやすいという側面を持っています。細菌に感染することで歯茎の腫れや出血、口臭などの症状が出てきます。感染が進むと、インプラント周囲炎となり、最悪の場合インプラントを取り除かなくてはいけなくなることもあります。 自然に生えていた歯(天然歯)の手入れを怠ることで歯周病を発生させてしまうのと同じです。

たとえインプラント周囲炎になったとしても、重症化しない限りその異変に気付きにくく、歯科医さえも初期の病変では注意しなければ見逃しやすいのです。そのためインプラントが口腔内でその機能を発揮し始めた後は、適切なメインテナンスプログラムを作成し、実行していかなければ長期的に安定してインプラントを使用することができないのです。

インプラントでも日々のメンテナンスが重要になります。 もしもインプラント周辺の歯肉が腫れていたり、血がにじんだりということがあれば、すぐに当院にお越しください。

Related Posts